みち銀と第一勧業信組が地方創生で連携 物産展などで青森県産品PR

 みちのく銀行(青森市)と第一勧業信用組合(東京都新宿区)が8日、地方創生に関わる包括連携協定を締結した。同信組が開く物産展などで青森県産品を紹介したり、双方の取引先間のビジネスマッチングなどを行い、地域経済活性化の一翼を担う。

 同信組は東京23区内に26店舗を展開し、物産展などを通して地方の活性化に取り組んでいる。連携内容は、同信組本店の2階フロアを地方連携オフィスとして活用し、商談スペースや相互の取引先の販路拡大の拠点とするほか、東京方面に進学した学生の地元企業のPRの場としても利用することが可能となる。さらに、同信組の店舗網を活用し、県内産品をPRする。

 同信組が地方銀行と同様の協定を締結するのは初めて。同行本店で行われた締結式で、藤沢貴之頭取と新田信行理事長は、互いのネットワークを活用して地域経済の活性化に努める考えを強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ