大和ハウス中間決算、過去最高更新

 大和ハウス工業が8日発表した平成30年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比9・6%増の1兆9833億円、本業のもうけを示す営業利益は同5・1%増の1895億円、最終利益は6・4%増の1314億円の増収増益となり、いずれも過去最高を更新した。

 物流や工場などの開発物件が増加し、事業施設や商業施設の分譲、賃貸住宅の販売が好調だったことで売上高が大きく伸びた。事業施設、商業施設の増収効果や開発物件の売却益の増加により、営業利益も押し上げられた。

 また、31年3月期の連結業績の売上高、最終利益を上方修正。売上高を前回予想から500億円増の4兆500億円、最終利益を30億円増の2400億円とした。事業施設、商業施設の分譲が堅調なことや、投資有価証券の売却益を見込み業績予想を引き上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ