東芝・一問一答 大工場に集約、生産体制効率化

 東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)の記者会見での主な質疑応答は、次の通り。

 --既にかなりリストラしてきたが、さらに早期退職を募る必要性とは

 「全社が対象ではない。エネルギーなど、課題を抱えた事業部門の収益性を高めるには固定費削減が必要と判断した。追加の早期退職は想定していない」

 --工場再編の方向性は

 「立地地域との関係もあり慎重に検討中だが、基本的には大工場へ集約し、生産体制を効率化する」

 --事業のリスク管理はできるのか

 「(元銀行員の)前職でリスク管理を徹底的にやった。少しでも懸念のあるものは本社が決裁し、場合によっては私が決裁する」

 --収益が改善すれば、自社株買いを増やすのか

 「リスクも織り込まねばならず、当面は7千億円が上限だ。キャッシュは成長投資や配当に使っていく」

 --デジタル化による事業成長は時間を要する

 「今回の計画では努力目標、方向感として示しているが、なるべく早く刈り取りたい考えだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ