コインチェックを登録 金融庁、安全対策強化

 金融庁は11日、巨額の仮想通貨を流出させた交換業者コインチェック(東京)を改正資金決済法に基づく業者として登録した。インターネット証券大手マネックスグループの傘下となり、顧客資産の保全方法など社内のセキュリティー対策の強化や内部管理体制が改善したと判断した。

 コインチェックは昨年1月に外部から不正アクセスを受け、約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が外部に流出。当時は登録申請中の「みなし業者」で、金融庁は内部管理体制に不備があるなどとして、1月と3月の2度にわたって業務改善命令を出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ