ゴーン被告、ルノー会長を辞任

 【パリ=三井美奈】フランスのルメール経済・財務相は24日、仏メディアで日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が仏自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任したと明らかにした。ルノーは仏政府が筆頭株主で、日産自動車、三菱自動車と企業連合を組む。

 ルノーは24日、取締役会を開き、仏タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOを後任の新会長とする経営体制を決める見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ