日産連合、昨年の世界販売2位を維持 首位VW、3位トヨタ

 日産自動車とフランスの自動車大手ルノー、三菱自動車の3社でつくる企業連合は30日、平成30年の世界販売台数が前年比1.4%増の1075万6875台だったと発表した。2年連続で世界2位を維持した。首位は3年連続でドイツのフォルクスワーゲン(VW)で、トヨタ自動車は3位だった。

 日産は主力市場の北米で振るわず、世界販売は前年比2.8%減の約565万4千台だった。一方で、東南アジアが好調だった三菱自は18.3%増の約121万9千台。ルノーも、ロシアやブラジルを中心に3.2%増の388万4295台と前年を上回り、3社の地域的な補完関係が奏功した。企業連合は「乗用車および小型商用車の販売で世界をリードした」とのコメントを発表した。

 VWはロシアや南米などが好調で、0.9%増の1083万4千台だった。トヨタはグループのダイハツ工業と日野自動車を含む台数が2.0%増の1059万4千台。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ