加熱式たばこ新製品を喫煙歴25年の記者が吸ってみた

【経済記者ノート】

 加熱式たばこ市場が文字通り熱い。日本たばこ産業(JT)とフィリップ・モリス・ジャパン(PMジャパン)が1月下旬に加熱式たばこの喫煙器具(デバイス)と専用たばこの新製品を相次いで全国発売するなど、新たな顧客獲得に向けて余念がない。ただ、一度は加熱式たばこに移行しても、「たばこらしさ」といった味わいの問題などで、紙巻きたばこへと戻ってしまう人も多いという。果たして、新型デバイスでの味わいはどうかを試してみた。

 ■JTは2種類をエントリー

 加熱式たばこ市場は現在、「アイコス」ブランドのPMジャパン、「グロー」のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、「プルーム・テック」の日本たばこ産業(JT)の三つどもえだ。

 こうしたなか、たばこ葉を詰めた「たばこカプセル」をデバイスに装着し、低温で加熱する「プルーム・テック」で市場に挑んできたJTは、欠けていた「たばこらしさ」や「吸いごたえ」を強化した2デバイスを投入。プルーム・テックと合わせて加熱方式も加熱温度も異なる3種類から、好みに合うものを見つけてもらうとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ