アマゾン第2本社、地元反対で再考か ニューヨーク

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムがニューヨーク市に新設する予定の「第2本社」について、地元から反対の声が強まっているため計画を再考していると報じた。社内の検討では、同市に代わる別の用地を模索する作業も進められたという。

 同紙によると、急成長する先端企業を誘致して活性化につなげるため、地元政府などがアマゾンへの優遇策を提示。これに反対する地元議会の議員や、市民団体などが同社への批判を強めている。

 反対派には連邦下院議員で近隣の選挙区選出の民主党急進左派、オカシオコルテス氏も含まれるという。

 アマゾンは新たな本社設置を取りやめる決定を下しておらず、反対派の動向などの現状分析を進めている段階という。

 西部シアトルに本社を置くアマゾンは、事業拡大にともない、昨年11月に本社に並ぶ機能を持つ「第2本社」をニューヨーク市ロングアイランドシティーと、首都ワシントンに近い南部バージニア州アーリントン郡の2カ所に置くと発表。それぞれで2万5千人規模の雇用を表明していた。(ワシントン 塩原永久)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ