米中がファーウェイ排除めぐり対峙 ミュンヘン安保会議

 【ミュンヘン=宮下日出男】ドイツ南部で開催中のミュンヘン安全保障会議は16日、2日目の議論が行われ、ペンス米副大統領は中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品使用が安全保障への脅威として欧州に排除を求めた。中国外交トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)・共産党政治局員は反論。「新冷戦」状態といわれる米中が欧州で対峙した。

 ペンス氏は演説で華為が「中国の治安組織にあらゆるデータへのアクセスを認めている」とし、「重要な通信インフラを守らねばならない」と強調。「国家の治安システムを損なう企業を拒絶するよう全パートナーに求める」と訴えた。

 ペンス氏に続き登壇した楊氏は「華為は欧州の国々と緊密に協力しており、中国の法は企業に情報収集を求めていない」と反論。華為が重要市場とする欧州での包囲網構築に抵抗した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ