米排除に強気姿勢 ファーウェイCEO

 トランプ米政権が排除を進める中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏は21日、中国国営の中央テレビの取材に応じ、米国の部品禁輸などの措置に対し「既に準備をしている」と語った。その上で「われわれも米国と同様の半導体チップをつくることができる」と強気の姿勢を崩さなかった。

 米商務省が発表した一部業務に限り禁輸措置を90日間猶予するとの施策に、任氏は「大きな意味はない」と述べ、「われわれの生産能力はとても大きい」と自信を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ