日商・三村会頭、年金「2000万円」に「違和感」

 日本商工会議所の三村明夫会頭は12日の定例会見で、95歳まで生きるには夫婦で年金収入以外に2000万円の蓄えが必要とする金融庁の報告書に対し「動機と表現が適切でなく、違和感がある」と疑問を呈した。

 三村会頭は「高齢社会における資産形成・管理」の報告書の動機について「(年金問題を理由として)資産運用を心がけるべきとしているが、(本質は)運用ではない」と批判した。その上で「年金に不安を感じる人は多い。避けて通れない問題で、社会保障も含め、政府全体が真正面から取り組むべきだ」と政府に注文をつけた。

 また2000万円の数字については、「地方によって生活費が違い、貯蓄額なども個人差がある中で、平均値としてとらえるのはどうかと思う」と話した。

 麻生太郎財務相兼金融担当相が正式な報告書として受け取らない方針を示したことに対しては「そういう対応もあると思う」と述べた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ