新50ポンド紙幣に“AIの父”採用 英中銀が発表、21年末までに流通へ

 英中央銀行イングランド銀行(BOE)は15日、新たな50ポンド紙幣に英数学者のアラン・チューリングを採用すると発表した。現代のコンピューター科学につながる業績を生み“人工知能(AI)の父”とも言われる。2021年末までに流通が始まる見通しだ。

 BOEのカーニー総裁は声明で、チューリングを選んだ理由に関し「今日のわれわれの生き方に多大なる影響を与えた、傑出した数学者だ」と指摘した。

 BOEは50ポンド紙幣に印刷する人物を公募。昨年死去した物理学者スティーブン・ホーキング博士や量子力学への貢献で知られるポール・ディラックらが候補となった。現在の50ポンド紙幣は発明家のジェームズ・ワットら2人が印刷されている。

 新たな50ポンドは薄いプラスチックフィルム素材を使用した「ポリマー紙幣」で、偽造しにくい工夫を施すという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ