フリーズドライで個食化に対応 アマノフーズが新商品

 アサヒグループホールディングス傘下のアサヒグループ食品はアマノフーズブランドで、9月から新たにフリーズドライ食品として、「10品目の一杯」シリーズなど6品を発売する。共働き世帯や単独世帯の増加に伴う個食化に対し、時短、簡便なフリーズドライ商品に付加価値を付け、多様なニーズに応えていく狙いだ。

 「10品目の一杯 こがねの椀」は、野菜や、海草、きのこなど10品目の食材が入ったみそ汁で、フリーズドライの手軽さに健康価値を付加。「Theうまみ 炙り牛スープ」は、炙りという一手間をかけた食べ応えがあるスープで、おかずとしても食べられるスープという新たな市場の開拓を狙う。

 アサヒグループ食品は、時短、簡便に加え、健康や具だくさんといった付加価値を付けると共に、商品ラインアップをそろえ、「選べる」という価値も提供していく考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ