アップル動画配信に6千億円投資 ネトフリ、ディズニーに対抗

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は20日までに、米アップルが今秋参入を計画する動画配信サービスに60億ドル(約6300億円)以上を投じると報じた。人気俳優らを起用して独自コンテンツを充実させ、動画配信で先行する米ネットフリックスや11月12日にサービスを始める米ウォルト・ディズニーといったライバルに対抗する。

 米人気女優のジェニファー・アニストンさんらが出演するドラマ「ザ・モーニング・ショー」の制作費は数億ドルに上った。1話当たりの費用は米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終章でかかったとされる1500万ドルを上回る。

 ただ、ネットフリックスは2019年に動画コンテンツに150億ドルもの巨費を投じる計画。競争の激化で、予算が膨らむ傾向という。

 アップルはドラマやドキュメンタリーを100カ国以上で配信する。2カ月以内に始める予定だ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ