森ビルが都内で日本一の高層ビル建設 ネット「あべのハルカスが抜かれるぞ!」

 六本木ヒルズや表参道ヒルズなどを管理運営する森ビルが22日、東京都港区の虎ノ門・麻布台地区で進める再開発計画の概要を発表。そのメーンエリアに建設するオフィスやマンションを含む高さ約330メートルの超高層ビルが話題になっている。大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜き、日本一の高さとなる見通しで、令和5年に完成する予定だ。計画の総事業費は6000億円規模。森ビルとして過去最大級の開発にネットは「やっぱ森ビルすげえわ」などと盛り上がっている。

 開発区域は約8・1ヘクタールで、超高層ビルのほか、高層ビル2棟と低層ビル1棟を建設。開発区域の約3割に当たる2・4ヘクタールを緑地化し、医療施設を中心に、スパやフィットネスクラブなども導入されるという。ネットは「森ビルやるやん」「どんな景色になるんだろうね!」「高いところが好きな人にはちょうどいいね」などと大興奮。「名前は何になるんだろうね」「名称は麻布ヒルズとかになるのかな?」という気の早いコメントも見られた。

 超高層ビルの高さが最大の話題だが、発表された「約330メートル」という数字について「東京タワーに遠慮しているのか?3メートル低い」と推考する声も。また“ライバル”に対し「森ビルにあべのハルカスが抜かれるぞ大阪人!334mのビル建てなきゃ負けちまうぞ!」とけしかけるコメントもあった。

 森ビルによると、開発計画のために地元住民との対話を始めたのは平成元年。平成の30年を丸々かけて、約300人の地権者との合意形成に努めてきたという。この説明を受け、ネットでは「神谷町のウラで個々のアパートが軒並み更地になってたのはコレかぁ」と納得の声もあがった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ