トルコ中銀、連続の利下げ決定

 トルコ中央銀行は12日、金融政策決定会合を開き、19・75%の主要政策金利を3・25%引き下げ、16・5%とすることを決めた。引き下げは2会合連続。

 エルドアン政権は7月6日、利下げに慎重とされた中銀前総裁を解任。中銀は同月25日、副総裁だったウイサル氏が総裁昇格後初の会合で、4・25%引き下げを決めた。

 エルドアン氏は今月も、「政策金利は下がるだろう」と述べていた。中銀の独立性への懸念は以前から指摘されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ