まだまだ厳しい高校生の就活 「1人1社」の“掟”の重圧も

【経済インサイド】

 来春卒業見込みの高校生の就職活動が、本番を迎えている。9月5日に企業への応募書類の提出が解禁され、同16日に採用試験が行われる。空前の人手不足の中、大学生だけでなく高校生に向ける企業の獲得意識は高く、「金の卵」の争奪戦が例年以上に激化している。ただ、原則として1人1社しか出願できないといった大卒採用にはない独特のルールは、17、18歳の若者にとっては重荷だ。一方、企業にとっても、社歴が浅かったり、数十年ぶりに高卒採用を再開したりした場合、採用活動の厳しさに直面している。

■高卒ならではのハードル

 印刷業の日経印刷(東京都千代田区)は、来春の高卒見込み者の採用人数を例年の2倍の10人とした。

 同社では、会社を支えてきたベテラン従業員の退職が進み、人手不足感が強まっている。そこに「働き方改革」も追い打ちをかけ、「特定の社員に仕事量が片寄らない対応も必要」(同社人事総務課の明比健治課長)で、採用人数を増やしたい意向だ。とくに高卒入社の社員について、「工場など現場を支えるスペシャリスト」(明比氏)との認識を持つ。

 厚生労働省によると、平成31年3月に高校を卒業した人の求人倍率は、前年同月比0・25ポイント増の2・78倍。4年連続で2倍を超えた。現場のスペシャリストしての期待が集まる高卒者だが、その採用には独特のルールがある。原則として1人1社までしか応募できないのもその一つ。具体的には、高校に寄せられた求人票の中から、教員が学業成績などを勘案して生徒に数社ほど提示する。生徒はその中から1社を選んで応募する。何社でも自由にエントリーシート(志願書)を提出できる大卒者とは事情が異なる。

 こうした採用形態だと、教員との親交がある企業に優位に働くケースもある。20年ぶりに高卒予定者の採用を再開したソフトウェア開発のコルモ(大阪市浪速区)は、春先から大阪市内の高校数十校に人事担当者が面談を申し入れたが、ほとんど会えずじまいだった。同社の奥州正幸社長は「高卒採用はハードルが高い。(採用者には)コンピューターの基礎からみっちりと教えるなど、よそにはない我が社で働くメリットを時間をかけてでも先生に理解してもらうしかない」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ