TDL、TDSチケット料金が消費増税で10月から値上げ レストラン食事は持ち帰っても税率10%

 オリエンタルランドは20日、運営する東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)について、10月1日からの消費税率引き上げに伴い、チケット料金を税率引き上げ分、値上げすると発表した。飲食については飲食設備のある店舗で購入した場合は原則、税率10%を適用する方針を示した。

 チケット料金は税率を8%から10%に換算した上、100円未満の端数を四捨五入する。大人料金(18歳以上)は「1デーパスポート」が7400円から7500円、2デーパスポートは1万3200円から1万3400円。年間パスポートは1千円未満の端数を四捨五入し、TDLとTDSの両施設で対応する年間パスは8万9千円から9万1千円の値上がりとなる。

 施設内の飲食はテーブルなどの飲食設備があるレストランなどで購入すると、持ち帰って飲食する場合も原則で税率10%とする。また施設内でワゴン販売をしているポップコーンやチュロスなどは、再利用できる専用ケースを購入しない限り、軽減税率(8%)を適用する。おみやげ用の飲食品は再利用できるポーチなどに入ったものを除き、軽減税率を適用する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ