リニア3者協議の場設置へ 国交省と静岡県、JR東海が大筋合意

 リニア中央新幹線工事によって大井川の水量が減少するとして静岡県が着工に同意していない問題で、国土交通省、県、JR東海の3者が31日、国交省で会談し、膠着(こうちゃく)状態の打開に向けて国が仲介役となる新しい会議を設置することで大筋合意した。国が中立の立場で論点整理や議論の調整を行うことで、JR側が求めるリニアの早期着工と、静岡県側が主張する水資源と自然環境の保全を両立させることを目指す。

 2回目となるこの日の3者会談には、同省鉄道局の水嶋智局長や江口秀二・官房技術審議官、静岡県の難波喬司副知事、JR東海の宇野護副社長らが顔をそろえ、非公開で行われた。

 終了後に取材に応じた江口氏らによると、リニアの早期着工と水資源や自然環境の保全とを両立させるため、国が主導して協議内容を整理することや、3者による新たな会議を設けることでおおむね一致した。開催時期やメンバー、議題などはこれから検討する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ