幸楽苑が51店舗を閉店へ 全店舗の1割

 ラーメン店「幸楽苑」をチェーン展開する幸楽苑ホールディングス(HD)は6日、4月までに収益の低い51店舗を閉店すると発表した。幸楽苑は全国で約500店を展開しており、閉店は全店舗の1割に当たる。同社は「構造改革を加速し、利益率向上を目指す」としている。

 昨年10月の台風19号により、同社はギョーザや麺を製造する郡山工場(福島県郡山市)への電力供給が断たれ、操業を停止。約250店舗への食材供給がストップした。

 51店舗は東北5店、関東14店、北陸甲信越1店、東海27店、関西4店。都府県別の内訳や店舗名は明らかにしていない。一部店舗は昨年12月に既に閉店した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ