ゴーン被告会見に西川前社長「何を根拠に言っているのかわからない」「拍子抜けした」と一蹴

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が8日にベイルートで開いた記者会見で、日産と仏ルノーとの経営統合を回避するためにゴーン被告の追放を画策した首謀者の一人として名前を挙げられた西川(さいかわ)広人前社長(現取締役)は9日朝、東京都内で記者団の取材に応じ、「クーデターうんぬんは、何を根拠に言っているのかわからない。ビジネスと不正の話は次元が違う」と反論した。

 西川氏はゴーン被告の会見について、「拍子抜けした。あの程度の話なら日本ですればいい」と、新たに明らかにされた事実の乏しさを指摘。また「日本で裁判で有罪になるのがこわくて逃げてしまった。裏切られた気持ちだ」と、保釈条件に違反して出国し、レバノンに逃亡したことを批判した。

 ゴーン被告は会見で、西川氏、ハリ・ナダ専務執行役員、経済産業省出身の豊田正和社外取締役、川口均前副社長、今津英敏元監査役の5人の名前を挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ