激甚災害、豚コレラも支援 農林中金の復興ファンド

 農林中央金庫(農林中金)は29日、災害で被災した農林水産法人を支援する「復興ファンド」の出資対象を拡大する方針を決めた。激甚災害に指定された自然災害や、豚コレラ(CSF)などの家畜伝染病を追加する。自然災害や家畜の防疫が必要な事例が相次ぐ中、農家や漁業者の再建を後押しする。30日から相談を受け付ける。

 復興ファンドはこれまで東日本大震災、平成26年2月の豪雪、熊本地震、西日本豪雨の復興支援を手掛けてきた。今後は激甚災害の指定や災害救助法の適用を受けた全ての災害、家畜伝染病予防法の手続きが取られた伝染病も対象とする。

 これらの災害、伝染病は3年前までさかのぼって支援する。これにより29年7月の九州北部の豪雨や30年9月の北海道の地震、令和元年10月の台風19号の被害も対応する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ