買い物難民を救えるか 地域カーシェアの実力度

 地域で車を共同利用する「コミュニティ・カーシェアリング」。高齢化社会となり、地方では公共交通機関が利用者の低迷などで存続の危機に直面する中、住民がボランティアで運転手を務め、移動が困難な高齢者らの外出を地域で支える試みとして注目されている。鳥取県では昨年11月に県西部の2地区で始まり、試験運用を行うところもある。

東日本大震災で生まれる

 鳥取県米子市。中心部から南東約6キロの高台にある永江地区。団地を通る坂道を高齢者が重そうな買い物袋を手に登っていた。

 昭和40年代に開発された県内最大規模の住宅地。ピークの60年に約4400人が暮らしていたが、現在は約2600人。2・7%だった高齢化率は39・7%になっている。

 平成23年には団地内唯一のスーパーが撤退。25年に自治会がボランティアで「支え愛の店ながえ」を立ち上げたが、採算面から生鮮食品を扱えなくなった。

 団地外のスーパーまで約1キロ。坂を登るのが住民の負担になっている。そこで、地元住民が昨年11月に始めたのがコミュニティ・カーシェアだ。

 日本カーシェアリング協会(宮城県石巻市)によると、コミュニティ・カーシェアは、東日本大震災で被災した石巻市で寄付車両を活用して始まった。現在では宮城、鳥取、岡山、滋賀の4県15地区に広がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ