トヨタ、通期業績予想を上方修正 新型肺炎の影響は「見通せない」

 トヨタ自動車は6日、令和2年3月期の連結業績予想を上方修正した。最終利益見通しは、従来予想より2千億円多い2兆3500億円(前期比24・8%増)に引き上げた。ただ、主要市場の中国で発生したコロナウイルスによる肺炎の影響は、「見通せない」(白柳正義執行役員)として、業績予想に織り込んでいない。

 2年3月期の通期業績予想については、本業のもうけを示す営業利益も、従来より1千億円多い2兆5千億円(1・3%増)に上方修正。このうち750億円が、円安方向への為替の変動で、輸出の採算が改善した影響だという。売上高予想は、29兆5千億円で据え置いた。通期の想定為替レートは、従来より円安方向に1円分見直して1ドル=108円とした。

 同時に公表した令和元年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比1・6%増の22兆8301億円と、4~12月期として3年連続で過去最高を更新した。営業利益は6・2%増の2兆587億円、最終利益は41・4%増の2兆130億円。日本や欧米での販売好調により、増収増益を確保した。

 トヨタはすでに、新型肺炎の影響で中国の完成車工場の春節の休業を9日まで延長すると公表している。10日以降の稼働に関しては、7日までに判断する方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ