トヨタ、中国市場に厳しい認識 新型肺炎もリスクに

 トヨタ自動車は6日、令和2年3月期の連結業績見通しを上方修正し、世界市場での存在感を示した。ただ、日本での販売台数を超えて同社の業績を牽引(けんいん)している中国市場は、自動車需要が減少基調。米中貿易摩擦に代表されるように変動リスクも多く、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響も重なり、中国の先行き不透明感は増している。

 「何が起こるか分からないのが実態。今の段階では改善の兆しは見られていない」。事業・販売担当のディディエ・ルロワ副社長は決算会見で中国市場の先行きに厳しい認識を示した。

 トヨタの足元の中国販売は好調そのものだ。2019年は162万700台と、前年比9・0%増で過去最高を更新。日本の161万169台も抜き、米国に次ぐ主力市場となった。ルロワ氏は中国の実績については「品質の高さが魅力と感じてもらえるようになった」と胸をはる。

 だが、中国市場全体は、17年の約2887万台をピークに減少傾向に入った。前年比8・2%減だった昨年に続いて今年も減速に歯止めがかからない可能性が高いとみられ、シェアを高めるトヨタは以前より影響を受けやすくなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ