NY株続伸、最高値更新 88ドル高、肺炎警戒感和らぐ

 6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比88・92ドル高の2万9379・77ドルと、過去最高値を約3週間ぶりに更新して取引を終えた。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが世界経済に打撃を与えることへの警戒感が、やや和らいだ。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は63・47ポイント高の9572・15と続伸。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も11・09ポイント高の3345・78と続伸し、いずれも過去最高値を更新した。

 中国が対米追加関税の一部引き下げを発表したことが好感され、買いが優勢となった。朝方発表された米週間失業保険申請件数が市場予想より少なかったことも買い材料となった。

 銘柄別では、航空機のボーイングやITのマイクロソフトが買われた。6日発表した決算の内容が好感された短文投稿サイトのツイッターは15%上昇した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ