孫氏頼みの投資戦略が岐路 ソフトバンクGに物言う株主が促す変革 

 米投資ファンドのエリオット・マネジメントによるソフトバンクグループ(SBG)の株式取得を受け、7日のSBGの株価が一時8%超上昇するなど、市場は好感を示した。SBGではこの1年で投資失敗が相次ぎ、孫氏の目利きに頼る戦略が岐路に差し掛かる。「物言う株主」が目付け役としてSBGに企業価値の向上につながる変革を促せるかが注目される。

 エリオットとSBGで見解が一致するのは株価の割安感だ。SBGは出資を受け、「当社の株価が過小評価されていることについて株主とは考えが一致している」とのコメントを出した。

 SBGは携帯電話子会社のソフトバンクや中国の電子商取引最大手のアリババグループなど投資先の保有株式の時価から純有利子負債を引いた額を株主価値と定義し、直近では約25兆円と算出する。一方で、SBGの時価総額は約10兆円と半分以下にとどまる。

 エリオットもSBGの純資産価値が2300億ドル(約25兆円)程度になり得ると考えているという。昨秋にシェアオフィスを展開する米ウィーカンパニーで資金繰りが悪化するなど投資先の不調が露呈し、株価が大幅な割安水準であることが投資機会に映ったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ