物流ベンチャーのHacobu 流通資材追跡監視サービスを4月開始

 物流ベンチャーのHacobu(ハコブ、東京都港区)は10日、かご型の台車やパレットといった物流業界で用いられる資材の移動を追跡監視できるサービスを4月から企業向けに提供すると発表した。こうした資材の約1割が行方不明になっているとされ、追跡監視サービスの提供で物流業務の効率化を支援する。

 「MOVOSeek(ムーボシーク)」と名付けられた新サービスは、あらかじめ台車やパレットに小型の専用端末を取り付け、端末が発する電波を利用して、監視側のパソコンの画面上に資材の位置を表示する。端末から発せられる電波には、省電力で長距離伝送できる無線通信規格「シグフォックス」を採用。小型端末は電池交換なしで約7年間連続使用可能という。

 資材の追跡ではこれまでにも、電子タグや携帯電話の電波を使ったものがあるが、電子タグは水に弱く、携帯電話の電波は電力消費が大きいなどの課題があった。

 価格は小型端末買い切りの場合、1台あたり5千~1万円前後となる見通し。別途、回線使用料がかかる。またリースの料金プランも用意する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ