英「FTAなし」選択肢にEUも強気 欧州委員長が「構わない」

 欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は11日、欧州議会本会議で演説し、ジョンソン英首相がカナダとEUが結んだような包括的な自由貿易協定(FTA)を結べなければ、FTAなしも選択肢に挙げている点を「少し驚いた」としたが「それでも構わない」と強気の姿勢を示した。

 ジョンソン氏は3日、EU・カナダ型のFTAを結びたいとしつつ、不調なら次善の策として、EUとオーストラリアの関係に「より近い」協定を目指すと説明。両者間にFTAはなく、世界貿易機関(WTO)ルールで関税をかけている。

 英EU貿易は年末までの移行期間中は無関税。EUは無関税、数量無制限の対英貿易を望むが、英国がEUと競争条件や各種規制を一致させることを条件としている。

 続いて演説したEUのバルニエ首席交渉官は、英EU交渉次第では来年から「英国の金融機関は(EU側での)営業する免許を失う」と指摘した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ