「世界のどこにもない雪景色」 砂丘に四つ星ホテルが建つ理由

 鳥取県を代表する観光地の鳥取砂丘(鳥取市)西側の市有地に高級リゾートホテルを建築する計画が進んでいる。かつてもホテル進出の話があったがリーマンショックの影響で中止。その後、美術館を誘致する話もあったがまとまらず、利活用されてこなかった。なぜいま、ここに高級ホテルを建設するのだろうか。

雪置き場が高級ホテルに

 計画地は旧国民宿舎「砂丘荘」と、隣接する「旧青年の家」の跡地。砂丘を見渡せる高台の約1万8千平方メートル。この土地には平成19年に大阪市の業者がホテル建設を計画したが、リーマンショックによる景気の悪化で、白紙に戻った。その後、県立美術館を誘致する話もあったがまとまらず、除雪後の雪置き場などに使用されていた。

 この場所をめぐって長野県軽井沢などでリゾートホテルを手掛ける不動産開発会社「dhp都市開発」(大阪市)が、市有地を1億2千万円で購入し、ホテルを開業することで合意し2月4日、鳥取市役所で市と基本協定などを結んだ。市が昨年11月に「公募型プロポーザル」で事業計画を公募。3社(1社は辞退)の応募から同社の計画を選んでいた。

 投資額は70億~80億円で、鉄筋コンクリート造り3階建ての北棟と南棟を建てる。建物を2つにすることで高さを抑え、周辺の景観にも配慮する計画だ。令和4年11月の開業を予定している。

 部屋はツイン、トリプルなど計約150室。一室あたり約30平方メートルのゆったりとした広さにする。料金は一泊3万~3万5千円からを想定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ