TPP、タイの新規加盟協議へ 今夏にも閣僚会合開催 

 西村康稔経済再生担当相は14日の閣議後記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加の11カ国による閣僚会合を今夏にもメキシコで開くと発表した。タイが新規加盟申請を検討しており、対応を協議する方針だ。

 タイは自動車産業関連の日系企業の進出が多い。加盟が実現すればTPP参加国内で製造した部品をタイで組み立て、完成車として域内で販売するビジネスモデルが一層進みそうだ。

 TPPは日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、メキシコ、シンガポール、ベトナムの7カ国で発効している。ただ、チリ、ペルー、ブルネイ、マレーシアの4カ国は国内手続きが遅れており、西村氏は閣僚会合までの進展に期待感を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ