内田社長ら取締役選任へ

 日産自動車は18日、臨時株主総会を横浜市で開いた。昨年12月に就任した内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)ら4人を取締役に選任する議案を諮る。臨時総会は特別背任事件などを受けて前会長カルロス・ゴーン被告を解任した昨年4月に続き、同一年度で異例の2度目開催。自身の報酬問題で社長兼CEOを辞任した西川広人氏らは取締役を退き体制を刷新する。

 日産は欧米での販売不振などで業績が大幅に悪化している。日産株の4割超を握るフランス大手ルノーや三菱自動車との企業連合を生かし、収益力を強化できるかが新体制の課題だ。

 新たに取締役に選任するのは内田氏や、三菱自から招いたアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)、日産出身の坂本秀行副社長、ルノーの筆頭独立社外取締役を務めるピエール・フルーリオ氏の計4人。

 退任するのは西川氏と、COOを務めた山内康裕氏。ルノーCEOを解任されたティエリー・ボロレ氏は昨年11月に日産取締役を辞任している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ