「未曾有の危機」 JR西の長谷川社長 4~6月期は767億円の最終赤字、過去最大 

 JR西日本が31日発表した令和2年4~6月期連結決算は、最終損益が767億円の赤字(前年同期は425億円の黒字)に転落した。四半期ベースの赤字幅は、277億円の最終赤字だった1~3月期に続き、過去最大に。新型コロナウイルスの感染拡大で、山陽新幹線、北陸新幹線や在来線の利用客が激減した。

 会見した長谷川一明社長は「(昭和62年4月の)会社発足以来の赤字。未曾有の危機にある」と話した。

 本業の鉄道だけでなく、商業施設やホテルなど全ての事業が苦戦した。

 売上高は前年同期比55・3%減の1633億円、本業のもうけを示す営業損益は942億円の赤字(前年同期は660憶円の黒字)だった。単体での運輸収入は新幹線が80・4%減で、在来線も54・2%減と大幅に落ち込んだ。

 4~6月期に行った100億円の経費削減を含め、今年度に500億円程度を削る考えを示した。人件費削減に加え、鉄道の安全対策以外での投資を先送りする。3年度の採用計画も見直す。運転士など現場社員に当たる「プロフェッショナル採用」を削り、今年3月に公表していた約900人を約750人に減らす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ