パナ子会社、新型装着ロボ受注開始 腕と腰を同時アシスト

 パナソニック子会社でロボット開発のATOUN(アトウン、奈良市)は、腕と腰を同時に装着して身体への負担を軽くする装着型ロボット(パワーアシストスーツ)「モデルY+kote(コテ)」の受注を始めた。来年1月の出荷開始を予定している。

 逆Y字型のベストを羽織り、ベストとワイヤでつながれた手袋をはめる。重量物を持つと、手袋のセンサーが感知し、肩にあるモーターがワイヤを巻き上げ、手首を引き上げる。片腕で6キロずつ、腰では10キロの力を補助する。

 工場や物流施設などの屋内だけでなく、農作業や建設現場、災害復旧などの屋外でも使用できるよう、防塵、防水機能を施した。

 アトウンは平成15年6月に設立。パナソニックのほか、三井物産、近畿日本鉄道系ベンチャーキャピタル(VC)の近鉄ベンチャーパートナーズ(大阪市天王寺区)など5社が出資している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ