日鉄、1200億円赤字に 3年3月期予想、コロナ打撃

 日本製鉄は4日、令和3年3月期の連結業績予想を発表し、本業のもうけを示す事業損益が1200億円の赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自動車など製造業を中心に鉄鋼需要が減少することが響く。

 同時に発表した2年4~6月期連結決算は、最終損益が420億円の赤字(前年同期は333億円の黒字)となった。売上高は前年同期比25・7%減の1兆1316億円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ