にわかに注目“給付金10万円使い道”がトレンド入り 使途先で目立つ納税「住民税に消えました」「もらったお金、返してる…」

 「給付金10万円使い道」というワードが31日、ツイッターでトレンド入りした。新型コロナウイルス感染症による緊急経済対策として全国民に1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」。ネットユーザーは給付金の使途をそれぞれ挙げながら、「気がついたらなくなってた」「もっとくれ、くれたらもっと経済回してあげる」などと盛り上がっているが、使途で目立ったのが“税金”だ。「もらったお金、返してる…」。給付金をそのまま納税に充てたという人が少なくなかったようだ。

 総務省によると、今月14日までに総世帯の98.1%に当たる約5796万世帯へ給付を終えた。「給付金10万円使い道」がトレンド入りしたのは、多くの自治体で31日までに給付金の申請期限を迎えたためとみられる。ツイッターでは、給付金の使い道を披露する投稿が相次いだ。中でも、「住民税に消えましたが????」「住民税ですよ。なんなら10万円でも住民税年間足りないくらいですよ」といった書き込みが殺到。「殆(ほとん)ど税金に消えました!!!!いえーーーー!!!!」「市民税で一瞬にして消えましたが?何か?」「うちは自動車税と固定資産税で国に戻したよ」など挙げれば切りがないほどだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ