パソナの本社機能移転で“淡路島”がトレンド入り 「素晴らしい」「自分なら転職するかな」とネットで大きな反響

 人材派遣大手、パソナグループが東京にある本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移す方針を明らかにしたことがネットで大きな反響を呼んでいる。ツイッターでは1日、移転先となる「淡路島」がトレンド入り。営業、人事部門などの社員約1000人を来年春までに淡路島に異動させるという大胆な計画に、ネットユーザーからは「本社を丸ごと異動(移動)って凄いな!」と驚きの声があがった。ネットの反応は「本社移転は英断。このコロナ禍で仕事の仕方に変化が出て、移転支障なしと判断したのだろう」と評価する見方と、「社員の人かわいそう…自分なら転職するかな」と否定的な見方で二分しているようだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、企業では在宅勤務が普及。リゾート地にサテライトオフィスを設けるIT企業も登場しているが、地方への大手企業の本社機能移転は珍しく、ネットでも議論が沸騰。「これから地方へ人が移っていく流れになるんやろうなあ~。在宅勤務が増えて電車の定期もなくなっていくんやろうな~。生活変わるな~」「物流とかの問題がなかったら地方に本社機能が移転するのは今後の流れなのかなぁ」と時代の変化を感じた人が少なくなかった。「これはちょっと面白い」「地方の振興にもなり素晴らしい取り組みですね」「時代の変化にここまで思い切り、大手が順応していけるのは素晴らしいです」「賃料が下がるのはたしかにメリットやな」と好意的な反応も目立ち、淡路島在住とみられる人は「パソナの社員さんへ 淡路島は本当にいいところよ。東京に帰りたくなくなるかもしれないよ」と歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ