「マジか!!」「日本でも売れば良いのに」 アフリカで“まさかの復活”を遂げる小型車「スターレット」が話題に

 高い走行性能で俊足を誇り、人気を集めた往年のコンパクトカー「スターレット」の名が、アフリカの地で復活することになった。トヨタ自動車からアフリカでの営業業務の全面移管を受けた豊田通商が1日、スズキからインド製の小型乗用車のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、トヨタブランド車「スターレット」としてアフリカでの販売を始めると発表。約20年前に販売が終了した往年の名車復活に、ネット上では「懐かしい」「おっ!スターレットだとぉぉ?」と早くも話題沸騰。「日本でも売れば良いのに」と国内での販売を求める声も上がっている。

 報道によると、アフリカで販売されるスターレットはスズキがインドで生産する5ドアハッチバック車の「バレーノ」がベース。排気量1・4リットルの5人乗りで価格は130万円からと、同クラスの欧州車、韓国車に対して高い競争力を確保しているという。このニュースに、ツイッターには「まさかのスターレット復活」「アフリカでスターレット復活 マジか!!」といった声がズラリ。

 スズキの「バレーノ」がベースとなっていることから「『バレーノ』のOEMでスターレットか!」「バレーノがまさかの『スターレット』を名乗るとは!!」「スズキ車にスターレットの名前で売るのか?南アフリカとは言え、時代なのかなぁ~」といった投稿も相次いだ。スズキの本社が浜松にあることから、その旧国名を取って「これはまたえらく遠州風味のスターレット」と形容した人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ