今年から自動改札も利用可…12日から発売の“秋の乗り放題パス”が「無敵」「すごい」と話題 「3日分だけど10月って3連休ない」との声も

 全国のJR線の普通・快速列車が連続3日間乗り放題となる「秋の乗り放題パス」の発売が12日から始まった。今回から自動改札機も利用できるようになり、ネット上では「旅に出よう!日本を楽しもう!」「秋の乗り放題パス無敵」と早くも話題になっている。

 春休みや夏休み、冬休み期間に発売され、延べ5日乗り放題となる「青春18きっぷ」が有名だが、秋の乗り放題パスは新橋-横浜駅(現在の桜木町駅)間で日本初の鉄道が開通した明治5(1872)年10月14日の「鉄道の日」に合わせて発売される。全国のJR線の普通列車、快速列車の普通車自由席や、バス高速輸送システム「BRT」とJR西日本の宮島フェリーが乗り降り自由。青春18きっぷの“秋バージョン”といえるが、1枚を複数人で利用したり、子供2人で利用することはできない。利用期間は10月3日~25日のうち連続する3日間で、価格は大人7850円、子供3920円。

 ツイッターには早くも、「JR『秋の乗り放題パス』がすごい」「広島や山口にSLを撮りに行ったり、京都で鉄道博物館に行くものいいな~まったりも出来るな!」といった書き込みがズラリ。「秋の乗り放題パスを手に入れたら1日は福井

に使ってその足で四国に行って松山まで全駅下車するオタクになりたい」「秋の乗り放題パス使って10/18から20で2泊3日で城崎温泉と岡山と広島行くことにしました」と具体的な旅程をツイートする人もみられた。

 さらに、「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を使えば、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間で普通車の空いている席や、道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間の普通列車も利用することが可能で、本州と北海道の行き来がより便利になる。オプション券は大人2490円、子供1240円。「中国か九州で使おうと思ったけど、北海道の気動車転配が予想外に早そうなので考え直そうかな」とオプション券の併用を考えている人も結構いるようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ