“秘境駅”の宝庫!JR飯田線が28日に全線復旧へ 「思い出に走破してみよ」「またケツ鍛えに行かないとな」と決意する人も

 人里離れた「秘境駅」が数多くあることで知られるJR飯田線(愛知県~長野県)。7月の豪雨で土砂が線路に流入し不通となっていたが、今月28日に復旧し、全線で運転が再開されることになった。天竜川沿いの険しい山間部を縫うように走る“秘境路線”の旅を心待ちにしていた人からは「おお!!やっと飯田線乗り通しができるようになるのか!!」と歓喜の声があがった。

 飯田線は豊橋駅(愛知県豊橋市)と辰野駅(長野県辰野町)を結ぶローカル線。トンネルとトンネルの間の断崖絶壁に存在する田本駅(長野県泰阜村)をはじめ、鉄道以外でたどり着くのは難しそうな「秘境駅」がいくつも点在している。

 車窓の渓谷美も自慢で、行楽シーズンには全区間を約7時間かけて乗り通す人もいるほど。しかし、今年7月8日に沿線の土砂が崩落。浜松市の水窪駅と長野県天龍村の平岡駅の間が不通となっていた。約3カ月ぶりの復旧に、ツイッターには「飯田線、28日から全線再開か ありがとうございます」「復旧工事の皆様おつかれ様でした」「ひとえにJR東海の関係者他、復旧に携わった各位に感謝しかない」と関係者をねぎらう声が続出。飯田線ファンらは「お、飯田線再開すんのか」「いよいよこの先に行けるようになる!」と盛り上がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ