ドコモ口座、被害補償完了 128件2885万円

 NTTドコモは28日、電子マネー決済サービス「ドコモ口座」の悪用により預貯金を不正に引き出された被害者全員への補償が完了したと発表した。被害は27日午後6時の時点で128件、計2885万円に上り、全てを穴埋めした。今後、新たに被害が確認された場合は追加で補償する。

 また28日までに、ドコモ口座利用者本人と証明書類の顔写真をオンライン上で照合する本人確認手続きを部分的に開始した。

 対象はソニー銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のほか西日本シティ銀行(福岡市)、福岡銀行(同)、肥後銀行(熊本市)の6銀行の口座を結び付け済みで、ドコモの携帯電話を契約していない利用者。オンラインまたはドコモショップでの手続き後、預金をドコモ口座へチャージ(入金)できるようになる。

 新規の結び付けや他の銀行からのチャージは停止しており、ドコモは再開する時に同様の本人確認を行う方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ