ドコモが5G大容量プラン千円値下げ 「ほとんどの人は恩恵なし」「長期ユーザー大切に」など厳しい声相次ぐ

 NTTドコモは18日、第5世代(5G)移動通信システムの大容量プランを千円値下げし、データ容量を無制限とするキャンペーンを恒久化することを発表。料金値下げに期待していた多くのユーザーからさまざまな反響を呼んでいる。

 値下げしたのは「5G ギガホ プレミア」で、データ容量が100ギガバイトで7650円だったところ、データ容量無制限で6650円に値下げした。2021年4月1日から提供される。KDDIやソフトバンクの大容量プランと比べて2千円程度安くなる。4Gのプランについても値下げを実施する見通し。ドコモは今月、データ容量が20ギガバイトで月額2980円の新プラン「ahamo(アハモ)」を発表しており、他の料金プランについても月内に見直す意向を示していた。

 同社が先日発表した新プラン「ahamo(アハモ)」が、オンライン手続き限定ながら思い切った料金設定で話題を呼んだことも記憶に新しく、ツイッターやネットニュースのコメント欄には、値下げに期待する多くの携帯電話ユーザーからさまざまな反響が集まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ