ソニーがCESでドローン発表 ファン歓喜「超絶的に興奮」「ようやくDJIの対抗馬が」「小型のも作って」

 ソニーは日本時間12日、世界最大のIT家電見本市の「CES 2021」で、業務用ドローンのプロジェクト「Airpeak」初の製品となる映像クリエイター向けの機体を発表した。プロ向けの機種ながら、同社がドローン市場に参入したことを喜ぶソニーファンの声が集まっている。

 同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なことが大きな特徴で、高品位の空撮映像が撮影できるという。4枚の回転翼を装備し、着陸用の脚は離陸すると左右に跳ね上がり、空撮映像への写り込みを防ぐ仕様となっている。「α」を搭載可能な機体としては世界最小クラス。今年春より展開する予定で、価格は発表されていない。同社は昨年11月に空撮用ドローンの開発を表明しており、実機の発表が待たれていた。

 同社は同日、試作中の電気自動車(EV)「VISION-S」の公道でのテスト走行の様子を撮影した動画を公開しているが、この映像に写り込んでいる空撮用ドローンも「Airpeak」の実機とみられる。テスト走行の動画では、高速で移動する車両にピタリと追随した映像や、雪景色の山道を走行する車両を上空から真俯瞰で追う映像などが確認できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ