ホンダ新型ヴェゼル、今春発売 ファンは「ついにきたかー」「広報専用アカウントを作るホンダの力の入れよう!笑」と笑顔

 ホンダは18日、2代目となる新型「ヴェゼル」の特設サイトを立ち上げて一部画像を公開した。来月18日にはワールドプレミアで世界初披露することも発表。待望のニューモデルにネット民は「シュッとしててカッコいい」「ガラスルーフやん」「わざわざアカウント作るあたり相当ヴェゼルに賭けてるな」などと早くも高い関心を示している。

 ヴェゼルは小型のスポーツタイプ多目的車(SUV)として2013年12月に登場。SUVが持つ力強さ、クーペが醸し出すパーソナル感、ミニバンの使いやすさなど、それぞれのジャンルの特長を高次元で融合させた新世代ビークルとして開発された。

 シーンを問わない気持ちのいい走り味や、多彩なアレンジを可能とした室内空間の使い勝手の良さが高く評価され、14~19年の間に4度も国内新車販売台数のSUV部門で1位を獲得。海外市場でも14年から120カ国以上で展開しており、初代の発売から8年目に突入した現在でも人気SUVとして、同社のグローバル戦略車において重要なポジションを担っている。

 このように同社の大きな期待を背負う新型モデルは今春に発売予定で、18日には特設サイトと広報担当者による公式ツイッターアカウントを開設。現在、特設サイトではボディーのサイドから眺める後端部分のティザー画像など5カットを公開している。そのほかのカットでは、ホンダのハイブリッドシステム「e:HEV」のエンブレムやセンターコンソールの一部、また、ルーフの最後端まで伸びた大型のガラスルーフなどが確認できる。そのほかの情報も順次公開予定とのことだが、いまのところ諸元などは未公開となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ