交通系ICカードで駅入場可能に 駅ナカヘビーユーザーには好評 一方で入場料の妥当性問う声も

 JR東日本は19日、「Suica」などの交通系ICカードを駅の入場券として使えるサービス「タッチでエキナカ」を3月13日に始めると発表した。交通系ICカードを利用して入場したのと同じ駅の改札を2時間以内に出ると、入場料が残高から引かれる。買い物やコインロッカー、トイレなど改札内の施設の利用や、見送り・出迎え、通り抜けをしやすくする狙い。ネットでは、駅ナカ施設をよく利用するユーザーからは歓迎される一方で、入場料徴取の妥当性に懐疑的な反応も見られ、賛否が分かれている。

 実施エリアはJR東日本Suicaエリア(首都圏・仙台圏・新潟圏)の同社各駅在来線改札内。対象の交通系ICカードはSuicaに加え「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「PiTaPa」、「nimoca」、「SUGOCA」、「はやかけん」の10種類。スマートフォンアプリ版の「モバイルSuica」「モバイルPASMO」や、Apple Pay向けSuicaも含む。仙台エリアでは「icsca」も利用できる。入場料は、山手線、武蔵野線など電車特定区間(E電)の駅は140円、それ以外の駅では150円。ゲート型の在来線自動改札機でのみ利用可能。簡易改札機、新幹線の改札機は対象外で、私鉄への乗り換え改札口も一部対象外となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ