マック、匂わせ投稿の正体は「ごはんフィッシュ」バーガー! ファンは「これは完璧!」「絶対美味しいやつ」と歓迎

 大手ファストフードのマクドナルドは4日、バンズの代わりに特製のごはんバンズを使用した「ごはんバーガー」シリーズの新商品「ごはんフィッシュ 和風黒胡椒」を10日から発売すると発表。今回、新たに福島県産米を100%使用して復活する「ごはんてりやき」「ごはんベーコンレタス」と合わせた全3種を、17時以降のディナータイムに期間限定で提供する。

 同社の公式ツイッターが2日に“魚マーク”を添えて投稿した意味深ツイートの正体は「ごはんフィッシュ」だった。

 当該ツイートでは「ごはんに合わせたオリジナルの味付けで、新しいごはんバーガーを作ってほしい」との要望が多かったとし、「こういった声に応えるべく「『ごはんに合う味付けの新しいごはんバーガー』の開発を行ってまいりました」などと、新商品に関する情報を4日に発表すると予告。SNSには「魚のマークってことは…」「フィレオフィッシュ!?!?」などのコメントが集まるなど、ファンをソワソワさせていた。

 「ごはんバーガー」シリーズは、2020年2月に期間限定で登場。17時以降の「夜マック」限定メニューで、これまでに「ごはんてりやき」「ごはんベーコンレタス」「ごはんチキンフィレオ」「ごはんチキンタツタ」などを発表。夜ごはんの新しい選択肢としてユーザーから支持されてきたメニューだ。

 新商品の「ごはんフィッシュ」は、人気バーガーのフィレオフィッシュをごはんに合う味付けにアレンジ。外はサクサク、中はしっとりふっくらしたフィッシュポーションとチーズの美味しさはそのままに、醤油と粗挽き黒胡椒、ローストガーリックパウダーを効かせたコクのあるオリジナルソースを新たに開発している。販売価格は単品390円(税込み)、バリューセット690円(同)で、4月上旬までの販売を予定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ