OCNモバイルONE ようやく料金改定発表しユーザー安堵 通話用アプリ不要の料金割引きが好評

 NTTグループのMVNO(仮想移動体通信事業者)、いわゆる格安SIMのOCNモバイルONEが25日、料金プランの改定を発表。最も安価な月あたりの通信量1GB(ギガバイト)プランで税別700円(以下すべて税別)と現行プランから大幅に値下げとなり、再三発表が延期されてやきもきしていた既存ユーザーからは安堵(ど)の声があがっている。

 料金が改定された音声通話対応のプランは1GBで700円から10GBで1600円までの4段階で、10GBのプランでは現行の2880円から約44%オフとなる大幅値下げに踏み切った。4月1日からスタートし、すでに値下げ対象のプランを契約しているユーザーは、同日から自動的に新料金が適用される。現在提供している20GBと30GBのプランは料金据え置きでサービスを継続するが、新規申し込み受け付けは3月いっぱいで終了する。

 国内通話は30秒で10円。4月7日以降は通話専用アプリを使わずに発信してもこの料金が適用される。定額でかけ放題となるオプション3種類は現行と同じ料金で継続。データ容量の繰り越しは翌月末まで可能。電話番号を変えずに別の携帯電話会社に乗り換える「番号持ち運び制度(MNP)」で転出する際の手数料は、4月1日以降に転出完了した分から無料となる。

 同社は2月24日、公式ツイッターで3月に新料金プランを発表することを明かし、公式サイト内に特設ページを設置。しかし、3月に入ると「中旬」と表記を改め、8日になって「12日」とようやく日程を確定させたものの、10日になって再び「3月下旬」に延期すると告知。契約者の間に不満の声が広がっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ