エディオンがUber Eatsで家電配送の実証実験 ネット民は迅速さ歓迎 二輪での配送や衛生面には懸念も

 家電量販店チェーンのエディオンは、フードデリバリーのUber Eatsを利用したデリバリーの実証実験を30日から開始すると発表。

 エディオンのAKIBA(東京都千代田区)、道頓堀店、心斎橋店(いずれも大阪市中央区)の3店舗で開始し、サービスエリア内のオフィスや個人宅を対象に、家電、日用品、雑貨まで幅広い商品を届ける。Uber Eatsによる家電量販店からのデリバリーは国内で初めての取り組みだという。

 取り扱い商品の種類は、在宅勤務やリモートワークに役立つパソコン用マウスやイヤホンなどの周辺機器から、電池、電球、ヘアドライヤーや髭剃りといった生活必需品、体温計や血圧計などの健康管理器具、家飲みを楽しめるビールサーバーやホットプレートなどのキッチン家電など、さまざまなニーズに対応した200点以上。ユーザーは料理を注文するのと同じように、Uber Eatsのスマートフォンアプリから商品を購入し、指定した場所に配送を依頼できる。エディオンでは今後、対象店舗の拡大を検討していくとのこと。

 ネット通販で家電製品を購入し商品を配送してもらうというサービス自体はすでに当たり前のものとしてあるため、ツイッターでは、「どういうニーズなんだろう」「今までの通販と何が違うんだろう?」など、今回の実証実験の意図がピンと来ないという反応が少なくない。

 しかし、「あ~あのケーブルがない!という時に最速で入手できそう」「以前ドライヤーが壊れて難儀したことがあったから、配送してもらえたら助かるかも」「電池とか生ディスク配達してくれるのは嬉しいかも」など、うっかり補充を忘れてしまって急に必要になった消耗品や、突然故障すると仕事に支障が出る小物類などを、フードデリバリー並みの迅速さで届けてくれることに魅力を感じるユーザーも多く見受けられる。タイミングによっては注文した当日に配送されるケースもあるネット通販のアマゾンを引き合いに、「Amazonをさらに爆速にした感じですよね」と比較する書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ