より正確に測れるコクヨの「本当の定規」にSNS熱視線 「すごい定規が出た」「これまでは偽物だったのか…」「その誤差気づかなかった」

 文房具や事務機器を手掛けるコクヨが4月14日に発売する「本当の定規」が、SNSでじわじわと注目を集めている。

 「本当の定規」は、1ミリごとに刻まれた目盛りを、一般的な定規のような「線」ではなく、ピアノの鍵盤のように白黒に塗り分けた面と面による「境界線」を用いて位置を表示しているのが特徴。

 同社によると、ユーザーが長さを測る際に目安とする一般的な定規の「線」には0.1~0.2ミリ程度の「幅」が存在しており、それによる“誤差”を交互に並べた白黒の「境界線」で解決を図った今回の新商品は「より正確な長さを測ることができる定規」だという。目盛りのサイズは15センチで、価格は税抜き1000円。

 同商品は、優れた商品デザインをユーザーから集めて商品化をめざす国際コンペティション「コクヨデザインアワード2014」で優秀賞を受賞。17年に商品化すると一部ショップのみで取り扱っていたが、ユーザーの熱い要望を受けて全国への販路拡大が決まった。

 このニュースはSNSを中心に注目を集め始めており、「マジありがたい。定規によっては線が太すぎて正確ではない線引いてしまったりした」「気になる線の太さを解決っすね」「よく見ればそうか、その誤差気づかなかった」「メモリの線にも幅があるよねっていう認識はあっても、線幅程度は誤差として許容してた」などのコメントが相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ