G-SHOCK初のWear OS搭載スマートウオッチ 「待ってた」とファンから熱視線も「なかなか良いお値段」

 電機メーカーのカシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」初のWear OS by Google(以下、Wear OSと表記)搭載スマートウオッチ「G-SQUAD PRO」を5月15日に発売すると発表した。熱烈なファンの多い同製品初の本格的スマートウオッチとあって、ネットでも注目が集まっている。

 同社の看板であるG-SHOCKの中でもスポーツに特化した「G-SQUAD」シリーズの新製品で、耐衝撃性や20気圧防水といったG-SHOCKならではのタフネス性能を備えたスマートウオッチ。G-SHOCKへのWear OS搭載は同製品が初となる。

 ランニングや屋内ワークアウト、ロードバイク、水泳から、サーフィンやスノーボードなどのエクストリームスポーツまで、幅広いシーンで活用できるという。心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーやGPSを搭載し、距離、速度、ペースなど運動をサポートするデータが計測可能になっている。

 また、専用のアプリでスマホと連携して計測データを管理できるほか、Wear OS搭載により、Googleアシスタントや、メール・電話着信などの各種通知に対応。Google Fit、Googleマップをはじめとした多彩なGoogleアプリサービスも利用できる。型番は「GSW-H1000」、カラーはブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色展開で、価格はいずれも税込み8万8000円。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ